<< Triumph T140V J... 丹後半島 >>

BSA Goldstar Scrambler

本日はDG兄貴にお供してゴールディに土付けに行きました。

約50年ぶりに走ったのでは・・中々感慨深いです。

車窓から見えるゴル様もワクワクしてるんちゃうんとか思ったりして
b0153544_20495513.jpg



で、エンジンスタート

やはり当初から懸念されてた通り濃すぎるのか、始動が難あり・・・正にGPキャブ地獄(自分ケッチンで脹脛やられました)



がしかし、マンクス用スターターで難なく咆哮(しかしタイソウやわ・・)。
良かった良かった



ってアカンやろ

レース中エンストしたらどうすんねん。

今後の課題ですね。

b0153544_2056673.jpg
b0153544_20561814.jpg


兎に角走ってみようと言う事になり
b0153544_20575025.jpg

(しかしタックインのモトパン格好ええわ~)
b0153544_20581580.jpg
b0153544_20582664.jpg


グズッテます

濃いなあああ

プラグは

b0153544_20593753.jpg


・・・う~む

6番に換えて、ニードルクリップ下げて







・・・・・・っち・・

現行モトクロッサーに囲まれる嘗ての栄光のマシン、異様な光景です。

そんな中爆音と共に調整は続きます。





「インナーサイレンサーちゃうか??」

「そうでしたそうでした、最近マンクスでもそんなようなんありましたね」

とかなんと

「トニカクはずしましょう!」



で、吹けました


しかし、試乗させてもらいましたがピーキーと言うか大味と言うか・・

当時のレーサーは凄いねって感じです、まあコースもフラットでロングだったんでしょうが、兎に角激しいマシンです。

自分なんかは持て余しました、個人的には好みでは無いですがもっと薄々にしないとトルキー過ぎます。
レースはからっと行きたいですしね。




しかし、当のご本人は「え~やんか、え~やんか、ほな帰ろか」



全く大したお人です。

で解散後ライフワークゴールドをゴソゴソしてるとTELが、

「帰って来てクラッチバラしてんねんけど、プライマリーオイルどんだけ?」





元気すぎるでホンマ!






近々もっと綺麗な動画でレポしはると思います ↓

極東オブソリ
by tigerworks | 2011-10-09 21:28 | WORKs
<< Triumph T140V J... 丹後半島 >>